東京・首都圏のアウトレットモールガイド
三井アウトレットパーク 入間
TEL:04-2935-1616
埼玉県入間市
おでかけガイド > アウトレットモール > 三井アウトレットパーク 入間
三井アウトレットパーク 入間

入間ICからすぐの好立地!「森のリズム」をテーマにしたバラエティ豊富なアウトレットパーク

「三井アウトレットパーク 入間」は、緑あふれる入間に「森のリズム」をテーマに空間創造された癒やしと憩いのアウトレットパーク。圏央道の「入間IC」からすぐ、国道16号に面した好立地に、店舗面積 約32,000 ㎡、店舗数約210店で構成、バラエティ豊かな店舗が揃う。国内外の高感度ファッション、キッズファッション、スポーツ&アウトドア、アクセサリー、ファッション雑貨など多彩な有力ブランドや座席数約700席の11店からなるフードコート「フォレストキッチン」、バラエティ豊かな5つのレストラン、5つのカフェ、食料雑貨店、コンビニエンスストアなど、アウトレット以外の店舗・施設も充実。

総面積の約4分の1というスペースを割いて、桜ほか既存樹木を多数移植した「入間の丘公園」など、ショッピングだけではない楽しさや、居心地の良い憩いの空間を提供しているのも入間の特徴。

隣接する会員制倉庫型店舗の「コストコホールセール入間倉庫店」と合わせて1日中楽しめるスポットだ。


大きな地図で見る
DATA
スポット名 三井アウトレットパーク 入間
ふりがな みついあうとれっとぱーく いるま
住所 〒358-8515 埼玉県入間市宮寺3169-1
TEL 04-2935-1616
アクセス

●電車の方
西武池袋線「入間市駅」から西武バスで約15分

●車の方
圏央道 「入間I.C」から八王子方面へ約500m

 

●駐車場

三井アウトレットパーク 入間 専用駐車場 約3,000台
<P1~P6駐車場> ご利用時間 9:30~22:30

 

●直行バス
立川駅、羽村駅から便利な直行バスあり(土・日・祝のみ運行)

公式ホームページ http://www.31op.com/iruma/
公式フェイスブック https://www.facebook.com/mitsuioutletpark
営業案内

●営業時間
ショップ 10:00 ~ 20:00
レストラン 平日:11:00 ~ 21:00 土休:11:00 ~ 22:00

※ラストオーダーは 店舗により異なります。

 

フードコート 10:30 ~ 21:00

※ラストオーダーは 店舗により異なります。 

 

●休館日 不定休 ※公式ホームページをご覧下さい。 

店舗数 約210店舗
料金 特になし
備考 ベビーカーの貸し出し、授乳室、おむつ交換室、こどもトイレ、無線LAN(Wi-Fi)サービス
首都圏の三井アウトレットパーク


入間幕張木更津多摩南大沢横浜ベイサイド

 



三井アウトレットパークアクセスマップ

 

 


フロアマップ画像は2014年9月25日現在のものです。

 

最新のフロアマップは公式ホームページをご確認ください(外部リンク) 


「ショッピングゾーン」

「三井アウトレットパーク 入間」は、圏央道「入間IC」のすぐ近く、店舗面積 約32,000 ㎡の広大なエリアに店舗数約210店で構成。


「センタープラザ」

モール内の中心に位置する「センタープラザ」ではさまざまなイベントやキャンペーンを開催。吹き抜けエリアは開放感たっぷり。音楽と光に合わせて水が飛び出す噴水(ポップジェット)は夏場の遊び場として大人気。


「ショッピングゾーン」

国内外の高感度ファッション、キッズファッション、スポーツ&アウトドア、アクセサリー、ファッション雑貨など多彩な有力ブランドが揃っている。


「唐草のモチーフ」
唐草模様を現代風にデザインしたオリジナルの「IRUMA KARAKUSA(入間唐草)」のモチーフ。細部にも工夫が凝らされており、訪れる人の目を楽しませてくれる。


「フォレストキッチン(フードコート)」
座席数約700席11店のフードコートのほかにバラエティ豊かな5つのレストラン、ショッピングの合い間にひと息つける5つのカフェがある。こだわりの自家製パスタ店やハワイ・オアフ島のハンバーガーレストラン、人気の博多ラーメン店など充実。


森をテーマにした「ベンチ」
丸太をイメージしたベンチ&スツールや雨のしずくや木の葉をかたどった大きなベンチなど、パークの随所に「森」をテーマにした考えが活かされている。


「入間の丘公園」
総面積の約4分の1のスペースを割き、桜ほか既存樹木を多数移植。広々とした公園内でワンちゃんと散歩したりお弁当を広げたりとゆっくりすごすことができる。

「森の仲間達」
ウサギや鳥など、さまざまな生き物のオブジェを各所に配置。駐車場にも木を極力残し“森の駐車場”をイメージ。ショッピング以外にも楽しさや、居心地のいい憩いの空間を提供。