1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. 事件・事故
  4. 多摩動物公園のトキ1羽が死亡 死因は頭部挫傷

多摩動物公園のトキ1羽が死亡 死因は頭部挫傷

多摩動物公園のトキ1羽が死亡 死因は頭部挫傷

佐渡トキ保護センターからトキを預かり非公開での飼育をおこなっていた「多摩動物公園」は2014年11月4日、今年生まれの1羽が11月2日に死亡したと発表した。死亡したトキはNo520/K/14(メス)で、2014年5月8日生まれの約6ヶ月齢。死因は頭部挫傷。

10月28日朝9時30分頃、今年繁殖した7羽のうちメス1羽が元気を失っているのを飼育担当者が発見。すぐ治療を開始したが、11月2日12時30分頃、死亡を確認した。死因である頭部挫傷に至った原因については不明。鳥インフルエンザ簡易検査は陰性だった。

40年以上にわたって飼育繁殖に技術協力をしてきた実績のある多摩動物公園では非公開エリアで2007年12月からトキを飼育し、今年も7羽の繁殖に成功していた。

今回の件で、国の特別天然記念物、国際保護鳥である日本のトキ飼育状況は、佐渡トキ保護センター85羽、佐渡トキ野生復帰ステーション43羽、多摩動物公園15羽、いしかわ動物園20羽、出雲市トキ分散飼育センター17羽、長岡市トキ分散飼育センター17羽、佐渡市トキふれあい施設5羽の合計202羽となった。(2014年11月2日現在 放鳥した個体を除く)

多摩動物公園 紹介記事

多摩動物公園 http://park.tachikawaonline.jp/zoo/35_tama.htm

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る