1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. 乗り物(バス・電車・船)
  4. JR東京駅前に成田・羽田空港直行の「巨大地下バスターミナル」が誕生 – 2020年五輪前の開業をめざす

JR東京駅前に成田・羽田空港直行の「巨大地下バスターミナル」が誕生 – 2020年五輪前の開業をめざす

JR東京駅前に成田・羽田空港直行の「巨大地下バスターミナル」が誕生 - 2020年五輪前の開業をめざす

JR東京駅前に成田・羽田空港直行の「巨大地下バスターミナル」が誕生 – 2020年五輪前の開業をめざす

東京駅前の八重洲地下に成田空港や羽田空港、地方都市を結ぶ大規模バスターミナル「(仮)八重洲一丁目バスターミナル」が登場する。2018年1月着工予定で2020年の東京オリンピック前の開業を目指す。

具体的には、国際空港直行バス、主要都市を結ぶ高速バスが10路線以上発着する2地区 約13バース(約10,000㎡)のバスターミナルの整備し、地下街を通じてJR東京駅とも接続、また歩道上に分散し乗降客で混雑している高速バス停留所をバスターミナルに集約し、わかりやすく利便性を高めるほか、空港の24時間化に対応した多言語対応ラウンジの整備、多言語対応化をすすめる。

さらに今後は八重洲二丁目中地区においても約7バースを整備予定。

画像は国家戦略特別区域会議資料

左の赤点線枠:八重洲一丁目6地区バスターミナル(約7バース)、右の緑点線枠:八重洲二丁目1地区バスターミナル(約6バース)

左の赤点線枠:八重洲一丁目6地区バスターミナル(約7バース)、右の緑点線枠:八重洲二丁目1地区バスターミナル(約6バース)

現在、歩道上に分散し乗降客が歩道上に混雑している高速バス停留所を、新設するバスターミナルに集約する

現在、歩道上に分散し乗降客が歩道上に混雑している高速バス停留所を、新設するバスターミナルに集約する

バスターミナル案内表示

国際空港に対応したバスターミナル案内表示

乗車前にくつろげるラウンジ

空港の24時間化に対応した多言語対応ラウンジ

パウダールーム

パウダールーム

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る