1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. 乗り物(バス・電車・船)
  4. 東京都、大江戸線や豊洲・住吉、多摩モノレール(箱根ヶ崎~町田)の延伸構想を発表 – 新地下鉄2線も

東京都、大江戸線や豊洲・住吉、多摩モノレール(箱根ヶ崎~町田)の延伸構想を発表 – 新地下鉄2線も

整備について優先的に検討すべき路線、整備について検討すべき路線

整備について優先的に検討すべき路線、整備について検討すべき路線
画像:東京都報道発表資料(7/10)

2000年より広域交通ネットワーク整備の調査、検討を続けてきた東京都は7月10日、今後の都内の鉄道ネットワークについて優先的に検討する5路線、検討する14路線の構想を発表した。

検討14路線には都心と臨海部を結ぶ地下鉄新線と、品川と白金高輪などを結ぶ地下鉄新線が含まれる。都は、今月内に国の交通政策審議会に提示し、優先5路線については2020年の東京オリンピックまでの開業を目指したい考え。

それによると、特に優先的に検討する5路線は
・東京8号線延伸(豊洲~住吉)
・東京12号線(大江戸線)延伸(光が丘~大泉学園町)
・多摩都市モノレール延伸(箱根ヶ崎方面)
・多摩都市モノレール延伸(町田方面)
・JR東日本羽田アクセス線

また、整備について検討すべき14路線として
・東京8号線延伸(押上~野田市)
・東京9号線複々線化(和泉多摩川~新百合ヶ丘)
・東京11号線延伸(押上~松戸)
・新空港線「蒲蒲線」
・JR中央線複々線化
・JR京葉線延伸
・JR総武線・京葉線接続新線
・東京10号線複々線化(調布~笹塚)
・東京12号線(大江戸線)延伸(大泉学園町~武蔵野線方面)
・区部周辺部環状公共交通
・つくばエクスプレス延伸
・多摩都市モノレール延伸(八王子方面)
・都心部・臨海地域地下鉄構想
・都心部・品川地下鉄構想

が挙げられている。

東京8号線延伸(豊洲~住吉)
東京臨海地域から東京区部東部を南北方向につなぐネットワークが強化され、利便性が大きく向上。東西線木場駅・門前仲町駅間の混雑率(混雑時199%)も緩和される見込み。また検討路線には押上~野田市の延伸も想定されている。

JR東日本羽田アクセス線
東京駅~羽田間を17分間で結ぶ路線。またJR埼京線、高崎線、宇都宮線、常磐線などの既存の鉄道ネットワークと接続することで、時間短縮便益が及び、空港アクセスの利便性が大きく向上する。

<strong>東京8号線延伸(豊洲~住吉)</strong> 東京臨海地域から東京区部東部を南北方向につなぐネットワークが強化され、利便性が大きく向上。東西線木場駅・門前仲町駅間の混雑率(混雑時199%)も緩和される。

東京8号線延伸(豊洲~住吉)
東京臨海地域から東京区部東部を南北方向につなぐネットワークが強化され、利便性が大きく向上。東西線木場駅・門前仲町駅間の混雑率(混雑時199%)も緩和される。

東京12号線延伸(光が丘~大泉学園町)
鉄道利用が必ずしも便利でない光が丘~大泉学園町を結び、西武新宿線、西武池袋線、東武東上線などとのネットワーク強化を目指す。また検討路線として、さらに大泉学園町から武蔵野線方面への接続も検討。

<strong>東京12号線延伸(光が丘~大泉学園町)</strong> 鉄道利用が必ずしも便利でない光が丘~大泉学園町を結び、西武新宿線、西武池袋線、東武東上線などとのネットワーク強化を目指す。

東京12号線延伸(光が丘~大泉学園町)
鉄道利用が必ずしも便利でない光が丘~大泉学園町を結び、西武新宿線、西武池袋線、東武東上線などとのネットワーク強化を目指す。

多摩都市モノレール延伸(箱根ヶ崎方面)(町田方面)
現在、東大和市の「上北台駅」で止まっている路線を、新青梅街道沿いにJR八高線「箱根ヶ崎駅」まで延伸。また「多摩センター駅」で止まっている路線をJR・小田急「町田駅」まで延伸。埼玉から東京西部へのネットワーク強化を目指す。立川駅付近においても約1割から3割程度の乗客増加が見込まれるという。

<strong>多摩都市モノレール延伸(箱根ヶ崎方面)(町田方面)</strong> 現在、東大和市の「上北台駅」で止まっている路線を、新青梅街道沿いにJR八高線「箱根ヶ崎駅」まで延伸。また「多摩センター駅」で止まっている路線をJR・小田急「町田駅」まで延伸。埼玉から東京西部へのネットワーク強化を目指す。立川駅付近においても約1割から3割程度の乗客増加が見込まれる。

多摩都市モノレール延伸(箱根ヶ崎方面)(町田方面)
現在、東大和市の「上北台駅」で止まっている路線を、新青梅街道沿いにJR八高線「箱根ヶ崎駅」まで延伸。また「多摩センター駅」で止まっている路線をJR・小田急「町田駅」まで延伸。埼玉から東京西部へのネットワーク強化を目指す。延伸によって立川駅付近で約1割から3割程度の乗客増加が見込まれるという。

また検討すべき14路線の中の目玉である都心と臨海部を結ぶ地下鉄新線について、都では現在、BRT(バス高速輸送システム)導入を発表しているが、豊洲、有明、晴海エリアの人口急増をふまえ、運行時間や定時運行、輸送力強化などに優れた地下鉄を導入したい考え。

これらの検討方法は、
複数の基礎データから2030年(平成42年)時点の交通需要を予測、各路線の整備効果や収支採算性(累積資金収支黒字転換など)・費用を1路線ごとに分析、評価した。詳細は下記広域交通ネットワーク計画について資料を参照のこと。

目標への寄与度・収支採算性・費用便益比の分析結果の一覧

目標への寄与度・収支採算性・費用便益比の分析結果の一覧

●東京都が7月10日に発表した報道資料-広域交通ネットワーク計画について(PDFダウンロード)

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る