1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. 乗り物(バス・電車・船)
  4. 西武秩父駅に複合型温泉施設が2017年春オープン!露天風呂や内湯、岩盤浴のほか飲食や物販エリアも

西武秩父駅に複合型温泉施設が2017年春オープン!露天風呂や内湯、岩盤浴のほか飲食や物販エリアも

西武秩父駅に複合型温泉施設が2017年春オープン!露天風呂や内湯、岩盤浴のほか飲食や物販エリアも

西武秩父駅に複合型温泉施設が2017年春オープン!露天風呂や内湯、岩盤浴のほか飲食や物販エリアも

西武秩父駅構内の仲見世通りに、物販や飲食店を供えた複合型温泉施設が2017年春にオープンする。事業は西武鉄道と西武レクリエーションがおこなう。

数多くの神社仏閣がある秩父では、年間300以上のお祭りがおこなわれていることから、施設のコンセプトには「祭」を採用。施設内部は温泉エリア、飲食・イベントエリア、物販エリアの3つのエリアに分けられ、秩父地域の特色を打ち出していくという。

メインの「温泉エリア」では、露天風呂や内湯、岩盤浴、休憩スペースを配置。露天風呂では、秩父の開放的な空を眺めながら源泉かけ流し湯や岩風呂、寝ころび湯が楽しめるほか、内湯では高濃度炭酸泉、シルク湯、ジェットバス、サウナを設ける。休憩スペースでは通常のスペースの他に、プレミアム休憩スペース(仮称)を用意し、翌朝までの仮眠もできるように対応する。(編集部注:営業時間は発表されていないが、翌朝までの仮眠もできるということは24時間営業か?早朝登山などのレジャーにも利用できそうだ。)

また「飲食・イベントエリア」は地上1階でフードコート・飲食店舗、イベントスペースを予定している。

敷地面積は約6,363㎡、延床面積は約3,983㎡に2階建ての建物を建設。2015年8月頃から温泉掘削工事を着工し、2016年4月頃に新築工事着工、2017年4月頃に開業予定。総事業費は24.5億円。

駅構内の温泉といえば、京王線の高尾山口駅でも現在建設中で、こちらは2015年秋の開業予定だ。
●京王線高尾山口駅前の「日帰り温泉極楽湯」の開業が2015年秋に延期へ

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る