1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 「第66回うえの桜まつり」が2015年3月21日から上野公園で開催 300mの桜並木が圧巻!

「第66回うえの桜まつり」が2015年3月21日から上野公園で開催 300mの桜並木が圧巻!

「第66回うえの桜まつり」が2015年3月21日から上野公園で開催

「第66回うえの桜まつり」が2015年3月21日から上野公園で開催

江戸時代から桜の名所として有名な「上野の山(上野公園一帯)」にて、本年も「第66回うえの桜まつり」が2015年3月21日(土祝)から4月12日(日)まで開かれる。(開催期間は開花状況によって変更の場合もあり)

上野恩賜公園は、明治6年に日本で初めて公園として開園。53万㎡の広大な敷地には徳川家康を祀る「東照宮」、バードウォッチングなどが楽しめる「不忍池」や30分間隔で変化する上野名物の「大噴水」、京都の清水寺を模したことから付けられた「清水観音堂」、明治維新の英雄「西郷隆盛銅像」、「正岡子規記念球場」、1,200名収容の「野外ステージ」のほか、「東京国立博物館」「国立西洋美術館」「国立科学博物館」や「上野動物園」などが点在しており、文化の中心地として多くの人が訪れるエリア。

「うえの桜まつり」期間中は、ソメイヨシノやカンザクラ、ヤマザクラなど約50種約1,200本の桜が咲き誇り、300mの桜並木が続く公園中通りを中心に1日に100万人以上の花見客で賑わう。また約1,000個のボンボリに明かりが灯され、幻想的な夜桜も楽しめるとあって仕事帰りの会社員にも人気のお花見スポットだ。

4月5日(日)には清水観音堂境内で上野はやし保存会による江戸情緒豊かな「祭り囃子と寿獅子」を披露、そのほかにも「草花市」「青空骨董市」など江戸の昔を彷彿とさせるイベントを実施予定。

公園へのアクセスはJR・地下鉄銀座線・日比谷線「上野」下車徒歩2分。住所は東京都台東区上野公園5-20、電話03-3828-5644。開花情報など詳細は上野公園公式サイトを参照のこと。
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/toubuk/ueno/index_top.html

ソメイヨシノやカンザクラ、ヤマザクラなど約50種約1,200本の桜が咲く

ソメイヨシノやカンザクラ、ヤマザクラなど約50種約1,200本の桜が咲く

江戸時代から桜の名所として名高い上野公園

江戸時代から桜の名所として名高い上野公園

300mの桜並木が続く公園中通り

300mの桜並木が続く公園中通り

期間中は1日に100万人以上の花見客で賑わう

期間中は1日に100万人以上の花見客で賑わう

不忍池と弁天堂(緑の建物)、向こうに見える東京スカイツリー®

不忍池と弁天堂(緑の建物)、向こうに見える東京スカイツリー®

桜の向こうには東京スカイツリー®

桜の向こうには東京スカイツリー®

不忍池 総面積約11万㎡の池には有名なハスが植わっている

「不忍池」 総面積約11万㎡の池には有名なハスが植わっている

上野公園のシンボル「西郷隆盛銅像」 彫刻家高村光雲の手によって1898年に建てられた

上野公園のシンボル「西郷隆盛銅像」 彫刻家高村光雲の手によって1898年に建てられた

上野恩賜公園

上野恩賜公園は、明治6年の太政官布達によって、芝、浅草、深川、飛鳥山と共に、日本で初めて公園に指定された公園。当初は、寛永寺社殿と霊廟、東照宮、それに境内のサクラを中心にした公園だったが、その後、博物館や動物園、美術館などが構築され、文化の薫り高い公園へと衣替えがされた。上野東照宮や西郷隆盛銅像、不忍弁天堂など人気スポットが多数。
●東京おでかけガイド 上野恩賜公園の紹介記事

上野恩賜公園

上野恩賜公園

東京都恩賜上野動物園

日本で最初にできた歴史ある動物園。大人気のジャイアントパンダやゴリラ、トラほか約400種3,000点の動物が暮らす。
●東京おでかけガイド 東京都恩賜上野動物園の紹介記事

上野動物園 パンダの「シンシン(真真)」

上野動物園 パンダの「シンシン(真真)」

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る