1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. 公園
  4. 東京の穴場観光スポット1位に選ばれた世田谷「等々力渓谷」を歩こう

東京の穴場観光スポット1位に選ばれた世田谷「等々力渓谷」を歩こう

東京23区内に残る唯一の渓谷である世田谷区の「等々力渓谷」

東京23区内に残る唯一の渓谷である世田谷区の「等々力渓谷」

東京の穴場観光スポット1位にも選ばれた「等々力渓谷」の魅力

東京23区内に残る唯一の渓谷である世田谷区の「等々力渓谷」は、国分寺崖線の南端部に位置する約1キロに渡る渓谷で、湿生植物や湧水、武蔵野れき層、等々力不動尊や野毛大塚古墳など自然環境と歴史散策が楽しめる。日本経済新聞がおこなった旅の専門家による「おすすめの穴場観光地」で東京の1位にも選ばれた、知る人ぞ知る観光スポットだ。東京都指定文化財「名勝」にも指定。

散策スタートは東急大井町線「等々力駅」から徒歩約3分、スーパー成城石井を曲がってすぐの渓谷入り口「ゴルフ橋」から。下に降りて、谷沢川に沿って整備された遊歩道を進むと、都心にいることを忘れてしまうような景色が現れる。4月中旬から5月にはケヤキ、ミズキ、ムクノキ、コナラなど新緑の樹木や湿地帯に咲く薄紫色のシャガの花、11月下旬から12月にはエノキ、ミズキ、ムクノキ、ケヤキの紅葉など四季折々の自然が楽しめる。

四季折々の美しい自然が広がる

四季折々の美しい自然が広がる 画像:世田谷区提供

台地を谷沢川が浸食してできた等々力渓谷では多くの湧水が見られ、役の行者霊場として全国から修験者が多く訪れた不動の滝もあることから「東京の名湧水57選」に選ばれた。湧水が流れる斜面には湿生植物群落など山地性の植物も見られる。

さらに進んで行くと、「等々力渓谷公園」、梅やソメイヨシノ、紅葉が美しい日本庭園の「等々力不動尊」、5世紀前半に築造された全長82m、高さ10mの「野毛大塚古墳」など歴史や文化の見どころのほか、崖の上にあるイタリアン料理レストラン「OTTO (オット)」も有名。

また4月中旬頃に「たけのこ掘り体験」、6月下旬頃「七夕かざり作りと等々力渓谷清掃」、12月中旬頃に「等々力渓谷みかん狩り体験」などもおこなわれる。

「等々力渓谷」の所在地は東京都世田谷区等々力1丁目22番、2丁目37~38番、アクセスは大井町線等々力駅下車徒歩3分、東急バス、都営バス等々力下車徒歩3分。

所要時間は1時間から2時間程度。渓谷内散策道は細い木道や階段などが多いので歩きやすい靴ででかけよう。

●「等々力渓谷」マップ PDFダウンロード

渓谷のシンボル「ゴルフ橋」

渓谷のシンボル「ゴルフ橋」 画像:世田谷区提供

渓谷の紅葉

「等々力渓谷」の紅葉 画像:世田谷区提供

雪に覆われた「等々力渓谷」

雪に覆われた「等々力渓谷」 画像:世田谷区提供

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る