1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. プラネタリウム
  4. 銀河鉄道に乗って幻想的な賢治の世界へ!プラネタリウム「銀河鉄道の夜」が3/15まで期間延長

銀河鉄道に乗って幻想的な賢治の世界へ!プラネタリウム「銀河鉄道の夜」が3/15まで期間延長

あなたも銀河鉄道に乗ってみませんか?プラネタリウム「銀河鉄道の夜」で幻想的な賢治の世界へ

あなたも銀河鉄道に乗ってみませんか?プラネタリウム「銀河鉄道の夜」で幻想的な賢治の世界へ  画像:©KAGAYAスタジオ

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の幻想世界を徹底考察し、鮮明に再現したことで評判を呼んだプラネタリウム番組「宮沢賢治 銀河鉄道の夜」が、東京都の「府中市郷土の森博物館」で2015年3月15日(日)まで期間延長投影されている。

「満天の星の中を鉄道列車で走っていったらどうなるだろう?」。80年以上も前に宮沢賢治が書き留めておいた未完の作「銀河鉄道の夜」が、プラネタリウムのドームいっぱい360°に広がる銀河のパノラマ風景は、まさに天空の汽車に乗車したかのよう。鑑賞した人の評判も「幻想的な世界とはこのこと」「音楽も素晴らしい」「もう一度見たい」「全身鳥肌が立った」と絶賛。

作品を手掛けたのは、埼玉県出身のプラネタリウム映像クリエイターでCG作家の「KAGAYAスタジオ」。2014年には功績を称えられ「花巻イーハトーブ大使」に指名されている。

プラネタリウムの投影時間は、3月15日(日)までの日曜と祝日の11:00~の限定。上映は通常版(38分)。観覧料は大人400円、中学生以下200円で、博物館入場料が別途必要。4歳未満無料。まだ見ていない人はまたとない機会だ。

動画「銀河鉄道の夜」予告編(日本語版)もぜひどうぞ


動画「銀河鉄道の夜」予告編(日本語版)

また同プラネタリウムでは、松本零士さんの「銀河鉄道999~赤い星ベテルギウス いのちの輝き~」も同時に投影中。こちらは毎日(平日、土曜日、日曜日祝日)の14:00から投影。
ベテルギウスは、冬の星座であるオリオン座の右肩に輝く0等星。地球から650光年離れた距離にある赤色巨星で1万年以内に“超新星爆発”を起こすのではといわれている。プラネタリウム番組では、アンドロメダへの旅を続ける999号がオリオン大星雲のベテルギウスの巨大な爆発に遭遇、果たして鉄郎とメーテルは無事に脱出できるのか。

この冬は家族で、カップルで幻想的な世界を体験しに出かけよう。

「銀河鉄道999~赤い星ベテルギウス いのちの輝き~」

「銀河鉄道999~赤い星ベテルギウス いのちの輝き~」 ©松本零士・東映アニメーション

「府中市郷土の森博物館」の開館時間は9:00~17:00までで入場料は大人200円、中学生以下100円(4歳未満は無料)。休館日は12月29日(月)~1月3日(土)、1月5日(月)、13日(火)、14日(水)、19日(月)、26日(月)、27日(火)と2月2日(月)。住所は東京都府中市南町6-32 電話 042-368-7921(代表)。「府中本町駅」「分倍河原駅」「是政駅」の各駅から徒歩約20分。

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る