1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. 庭園・花ガーデン
  4. 都内随一の桜の名所!新宿御苑の「春の特別開園」が2015年3月25日~4月24日まで

都内随一の桜の名所!新宿御苑の「春の特別開園」が2015年3月25日~4月24日まで

「中の池にかかるシダレザクラ」 千駄ヶ谷門近くの桜園地から芝生広場、中の池、下の池にかけてシダレザクラ、ヤエベニシダレ、コヒガン、オオカンザクラ、シュゼンジカンザクラが見事です。品種によって咲く時期が違い長く楽しめます。

「中の池にかかるシダレザクラ」
千駄ヶ谷門近くの桜園地から芝生広場、中の池、下の池にかけてシダレザクラ、ヤエベニシダレ、コヒガン、オオカンザクラ、シュゼンジカンザクラが見事。

都内随一の桜の名所として人気の「新宿御苑」では本年も2015年3月25日(水)~4月24日(金)の間、「春の特別開園」として毎日休まず開園する。

新宿御苑の桜の歴史は古く、明治時代に皇室行事として始まった「観桜会」が大正時代から新宿御苑に移されて以降、毎年大勢の花見客で賑わう。

広さ58.3ha、周囲3.5kmの庭園には、八重桜の「イチヨウ」を代表品種として約65種1,100本の桜を植栽、3月下旬~4月上旬は淡いピンク色でおなじみの人気品種「ソメイヨシノ」や「ヨウコウ」「タカトオコヒガン」が見ごろを迎える。4月中旬~4月下旬にかけては新宿御苑の桜のベストシーズンといわれ、枝先に手まりのようにぽってりと咲き誇るボリュームたっぷりの八重桜「イチヨウ」や「カンザン」「バイゴジュズカケザクラ」が楽しめる。また園内5カ所の売店では、春限定の桜スイーツやグッズなどのお土産も販売。

そのほかにも庭園には、ケヤキやユリノキなどの巨樹が点在する「イギリス風景式庭園」、バラ花壇やプラタナス並木が美しい「フランス式整形庭園」、回遊式の情緒あふれる「日本庭園」など見どころは多数。

入園料は一般200円、小・中学生50円、幼児無料。酒類は持込禁止、遊具類は使用禁止。アクセスは「新宿門」へJR・京王・小田急線「新宿駅」南口から徒歩10分、東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」から徒歩5分。問い合わせは電話 03-3350-0151 (新宿御苑サービスセンター)、詳細は公式ウェブサイトを参照のこと http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/

●新宿御苑の桜(春の特別開園)おでかけガイドの紹介記事はこちら

「都内随一の桜の名所 新宿御苑の桜」 都内随一の桜の名所である新宿御苑には、八重桜の「イチヨウ」を代表品種として約65種1,100本の桜が植栽されており、2月のカンザクラから4月下旬のカスミザクラまで楽しめます。

「都内随一の桜の名所 新宿御苑の桜」
都内随一の桜の名所である新宿御苑には、八重桜の「イチヨウ」を代表品種として約65種1,100本の桜が植栽されており、2月のカンザクラから4月下旬のカスミザクラまで楽しめる。

「新宿御苑の桜」 新宿御苑の桜とのゆかりは古く、江戸時代までさかのぼります。明治時代に皇室行事として始まった「観桜会」は大正時代から新宿御苑に移されました。

「新宿御苑の桜」
新宿御苑の桜とのゆかりは古く、江戸時代までさかのぼる。明治時代に皇室行事として始まった「観桜会」は大正時代から新宿御苑に移された。

新宿御苑マップ

新宿御苑マップ

新宿御苑マップ

新宿御苑マップ

新宿御苑

夏の新宿御苑
イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園、日本庭園で構成された日本における数少ない風景庭園の名作。
●新宿御苑の全体記事はこちら

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る