1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 六義園で幻想的な「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」を開催 2015年4月5日まで

六義園で幻想的な「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」を開催 2015年4月5日まで

六義園で幻想的な「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」を開催 4月5日まで

六義園で幻想的な「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」を開催 4月5日まで

江戸の二大庭園のひとつ「六義園」では今年も2015年3月19日(木曜)~4月5日(日曜)までの間、「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」をおこなう。

同園のシンボルでもある高さ約15m、幅約20mのしだれ桜は満開ともなると、薄紅色の花が枝いっぱいに咲き、その姿はまるで流れ落ちる滝のよう。ライトアップで夜空に浮かび上がる姿も幻想的だ。

ライトアップの時間は日没から21時。期間中は開園時間を21時00分まで延長(最終入園は20時30分)。またJR「駒込駅」から徒歩2分の染井門も開門する。

また「さくら茶屋」では20時00分(ラストオーダー19時30分)まで軽飲食やお土産などの販売、「吹上茶屋」や「心泉亭」(営業時間は店舗曜日によって異なるので公式サイト参照のこと)も「抹茶茶屋」として抹茶と和菓子セットを販売する。そのほかに庭園ガイドボランティアの案内で、桜の季節の園内散策を楽しむ「庭園ガイド」も毎日11時と14時に各回約1時間実施(荒天中止)。

六義園(りくぎえん)はJR・東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分。入園料は一般が300円、65歳以上が150円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料。
公式サイトは http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html 。

春の風物詩として大勢の人が訪れる六義園の「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」へぜひ出かけてみよう。

高さ約15m、幅約20mのしだれ桜

高さ約15m、幅約20mのしだれ桜

しだれ桜と大名庭園のライトアップ

ライトアップ期間:2015年3月19日(木曜)~4月5日(日曜)
ライトアップ時間:日没~21時00分
期間中は開園時間を21時00分まで延長(最終入園は20時30分)。またJR「駒込駅」から徒歩2分の染井門も開門する。
※16時30分以降、安全確保のため立ち入りを制限する区域があり。
期間中は「さくら茶屋」で10時00分~20時00分(ラストオーダー19時30分)まで軽飲食やお土産などの販売。
「吹上茶屋」や「心泉亭」(営業時間は店舗曜日によって異なるので公式サイト参照のこと)も「抹茶茶屋」として抹茶と和菓子セットを販売する。そのほかに庭園ガイドボランティアの案内で、桜の季節の園内散策を楽しむ「庭園ガイド」も毎日11時と14時に各回約1時間実施(荒天中止)。

六義園

国指定特別名勝。小石川後楽園と並ぶ江戸の二大庭園で、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、回遊式築山泉水庭園を作り上げた。また明治期には三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となった。
●東京おでかけガイド 「六義園」記事 

春の「六義園」

春の「六義園」

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る