1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 六義園で7月25日(土)に伝統工芸「江戸うちわ」づくり体験 – 参加者20名募集(先着順)

六義園で7月25日(土)に伝統工芸「江戸うちわ」づくり体験 – 参加者20名募集(先着順)

六義園で「江戸うちわづくりに挑戦!」2015年7月25日(土曜)に20名募集(先着順)

六義園で「江戸うちわづくりに挑戦!」2015年7月25日(土曜)に20名募集(先着順) © 東京都公園協会

江戸の二大庭園「六義園」で、江戸時代から続く伝統工芸「江戸うちわ」の製作体験講座を2015年7月25日(土)に開催、参加者20名を募集している(6月8日(月曜)より申込み開始)。

講師にうちわの太田屋の4代目で伝統工芸士の太田美津江さんを招き、江戸の歴史を学びながら、みんなで江戸うちわづくりを体験。講座終了後には、吹上茶屋にて冷たい抹茶を楽しんでもらう。

開催日時は、2015年7月25日(土曜)の10時00分~12時00分(受付は9時30分から)、場所は六義園サービスセンター。定員は20名で事前申込制・先着順。参加費は1,900円(入園料別途)※冷抹茶付き

参加希望者は、申込開始の6月8日(月曜)以降に、メールの本文に「江戸うちわづくりに挑戦!」「参加者全員の氏名(1件につき4名まで申込み可)」「代表者の電話番号」の3点をご記入のうえ、メールアドレス 2teien-kouza@tokyo-park.or.jp まで申し込む。定員になり次第、申込終了。

歴史と緑あふれる六義園で、日本文化の魅力を再発見しよう。

講師の太田美津江さんプロフィール:うちわの太田屋4代目。「江戸うちわ」は江戸後期以前から江戸(谷中)で作られ、現在太田屋はうちわ材料の供給地、房州で「日本産」にこだわった製作を行っている。近年では、企業や東京手描友禅とのコラボレーション「絵うちわ」作品にも参加し、房州うちわの普及や継承にも力をそそいでいる。

昨年の様子 画像:© 東京都公園協会

昨年の様子 画像:© 東京都公園協会

六義園

国指定特別名勝。五代将軍徳川綱吉の寵臣・柳沢吉保によって造られた和歌の趣味を基調とした回遊式築山泉水庭園。江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的なもので、明治期には三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となった。庭園は万葉集や古今和歌集に詠まれた紀州(現在の和歌山県)の景勝地「和歌の浦」の景色をはじめ、その周辺の景勝地や中国の故事に因んだ景観が映し出されている。
●おでかけガイド 六義園の詳しい掲載記事

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る