1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 日本三大祭「神田祭」が 2015年5月7日(木)から開催 – 絢爛豪華な行列と勇壮な神輿

日本三大祭「神田祭」が 2015年5月7日(木)から開催 – 絢爛豪華な行列と勇壮な神輿

日本三大祭「神田祭」が 2015年5月7日(木)から 絢爛豪華な行列と勇壮な神輿

日本三大祭「神田祭」が 2015年5月7日(木)から 絢爛豪華な行列と勇壮な神輿

豪華絢爛な大行列や勇壮な神輿が見事な日本三大祭のひとつ「神田祭」が2015年5月7日(木)から5月15日(金)までの9日間、神田明神を中心におこなわれる。

「神田祭」は京都の「祇園祭」、大阪の「天神祭」とともに「日本三大祭」に挙げられる祭りで、もともとは関ヶ原の戦いの勝利を祝い、徳川家縁起の祭りとして始まったとされ、江戸時代には江戸城に入ることを許されたことから「天下祭」とも呼ばれる。

本年2015年の「神田祭」は遷座400年という記念の年にあたり、メインの神事である5月9日(土)の「神幸祭」「神輿宮入」を中心に、神田の町が今年も熱狂的な雰囲気に包まれそうだ。

5月9日(土)の「神幸祭」では、「一の宮鳳輦」「二の宮神輿」「三の宮鳳輦」を始め、諫鼓山車や獅子頭山車など約500名の行列が、氏子108町会を巡り、祓い清めていく。その距離は約30キロメートル!夕方には日本橋より「附け祭」の相馬野馬追騎馬武者やサンバチーム、地元の諸団体や大学、子ども達による楽しい仮装行列、さらに静岡県・三熊野神社の祢里が約10年ぶりに加わり、総勢1,000人規模の大行列に膨れあがってクライマックスを迎える。

5月9日(土)の夕刻から翌10日(日)にかけての「神輿宮入」も見どころいっぱいだ。神田や日本橋地区など大小200の神輿が練り歩き、元気の良い掛け声が響き渡る。境内に集まってくるあふれんばかりの神輿と半纏を着た氏子、観光客で会場は異様なほどの熱気に包まれる。

また神田明神境内もさまざまなイベントを実施。9日、10日には神田囃子保存会による東京都指定無形文化財の「神田囃子奉納演奏」が祭りに彩りを添えるほか、9日には「江戸蕎麦打ち 実演奉納」「和太鼓フェスティバル 郷土物産展」「天下祭社中 長唄奉納演奏」を予定。

5月14日(木)10時からは、表千家家元による献茶の儀式「献茶式 表千家家元奉仕」がおこなわれる。ゆったりと流れるような袱紗さばきが披露され、点てられた濃茶と薄茶が神前に奉納される。

そして最終日の5月15日(金)には神田明神の年中行事のなかで最も大切な神事「例大祭」が執り行われる。氏子総代、氏子108町会の代表者ら大勢が参列し、「巫女舞」の奉納、祝詞奏上、玉串拝礼などの神事とともに日本の繁栄と平和を祈念する。
●マップ 神幸祭や附け祭の巡行路や神輿宮入の予定時刻(PDFダウンロード)

5月9日(土)終日 神幸祭

5月9日(土)の「神幸祭」 約500名の行列が、氏子108町会を巡り、祓い清めていく。最後には総勢1,000人規模の大行列に膨れあがる

5月9日(土)の「神幸祭」 約500名の行列が、氏子108町会を巡り、祓い清めていく。最後には総勢1,000人規模の大行列に膨れあがる

神幸祭 神田祭のメインの神事

神幸祭 神田祭のメインの神事

一の宮鳳輦 だいこく様の乗せた鳳輦

一の宮鳳輦 だいこく様の乗せた鳳輦

三の宮鳳輦 まさかど様(平将門)を乗せた鳳輦

三の宮鳳輦 まさかど様(平将門)を乗せた鳳輦

「附け祭」 相馬野馬追騎馬武者やサンバチーム、地元の諸団体や大学、子ども達による楽しい仮装行列が参列

「附け祭」 相馬野馬追騎馬武者やサンバチーム、地元の諸団体や大学、子ども達による楽しい仮装行列が参列

神幸祭 巡行路

神幸祭 巡行路


【公式動画】  神田祭 

●マップ 神幸祭や附け祭の巡行路や神輿宮入の予定時刻(PDFダウンロード)

5月9日(土)夕刻から5月10日(日)神輿宮入

「神輿宮入」 大小200の神輿が練り歩き、粋でいなせな江戸っ子たちの元気の良いかけ声が響き渡る

「神輿宮入」 大小200の神輿が練り歩き、粋でいなせな江戸っ子たちの元気の良いかけ声が響き渡る

「神輿宮入」 5月9日(土)の夕刻からスタート 氏子たちの熱気あふれる雄壮な神輿宮入に圧倒される

「神輿宮入」 5月9日(土)の夕刻からスタート 氏子たちの熱気あふれる雄壮な神輿宮入に圧倒される

「神輿宮入」 境内に集まってくるあふれんばかりの神輿と半纏を着た氏子、観光客

「神輿宮入」 境内に集まってくるあふれんばかりの神輿と半纏を着た氏子、観光客

神田囃子保存会による東京都指定無形文化財の「神田囃子奉納演奏」

神田囃子保存会による東京都指定無形文化財の「神田囃子奉納演奏」

5月10日(日)一の宮鳳輦、二の宮神輿、三の宮鳳輦 神社大神輿の奉安(展示)

5月10日(日)一の宮鳳輦、二の宮神輿、三の宮鳳輦 神社大神輿の奉安(展示) 神幸祭で巡行した三基の鳳輦と神輿、神社大神輿を見ることが出来る

「和太鼓フェスティバル 郷土物産展」

5月9日(土)「和太鼓フェスティバル 郷土物産展」 全国各地より郷土自慢の和太鼓チームが集結し、神田明神境内・宮本公園特設ステージで競演

5月9日(土)「天下祭社中 長唄奉納演奏」

5月9日(土)「天下祭社中 長唄奉納演奏」 東京藝術大学の卒業生を中心とした邦楽グループ「天下祭社中」による粋で鯔背な長唄の奉納演奏

5月14日(木)表千家家元による献茶の儀式「献茶式 表千家家元奉仕」

5月14日(木)表千家家元による献茶の儀式「献茶式 表千家家元奉仕」 美しい流れるような見事な袱紗さばきを披露

5月15日(金)神田明神の年中行事のなかで最も大切な神事「例大祭」

5月15日(金)神田明神の年中行事のなかで最も大切な神事「例大祭」

「神田祭」2015年のスケジュール

2015年
5月7日(木)夕刻 鳳輦神輿遷座祭
5月8日(金)夕刻 氏子町会神輿神霊入れ
5月9日(土)終日 神幸祭
5月9日(土)神輿宮入
5月10日(日)神輿宮入
5月14日(木)10時 表千家家元奉仕献茶式
5月15日(金)14時 例大祭、創生神楽奉納
「神田祭」公式サイト:http://www.kandamyoujin.or.jp/kandamatsuri/
●マップ 神幸祭や附け祭の巡行路や神輿宮入の予定時刻(PDFダウンロード)

「神田明神」

「神田明神」は、江戸東京に鎮座して1,300年近くの歴史をもち、江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護していた神社。
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2
TEL:03-3254-0753
アクセス:中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
●おでかけガイド 神田明神の詳しい記事はこちら

神田明神

神田明神

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る