1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 奥秩父・自然が作り出す氷の芸術「三十槌の氷柱」 ライトアップで幻想的に

奥秩父・自然が作り出す氷の芸術「三十槌の氷柱」 ライトアップで幻想的に

自然が作り出す氷の芸術「三十槌の氷柱」

自然が作り出す氷の芸術「三十槌の氷柱」

埼玉県秩父市大滝の冬の風物詩、自然が作り出す氷の芸術「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」が見ごろを迎えようとしている。

「三十槌の氷柱」は、荒川沿いに切り立つ岩肌の湧水で作られる高さ約8m、幅約30mの壮大な氷のオブジェ。一滴一滴の水が氷結してできた自然の造形美は圧巻のひとこと。またつららが最も美しい時期には「大滝氷まつり」を開催。1月17日(土)から2月15日(日)までの間は「氷柱」をライトアップする。昼間とは違った青、白、赤色の3色の光に彩られた幻想的な光景を楽しめる。とてもロマンチックだ。

1月17日(土)から2月15日(日)までの間、「氷柱」をライトアップ

1月17日(土)から2月15日(日)までの間、「氷柱」をライトアップ

湧水で作られる高さ約8m、幅約30mの壮大な氷のオブジェ

湧水で作られる高さ約8m、幅約30mの壮大な氷のオブジェ

「三十槌の氷柱」について

場所:秩父市大滝三十槌(ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場直下の荒川河川敷)
開催日:2015年1月3日(土)~2月22日(日)
※氷柱の状態により期間を変更する場合があります。
ライトアップ期間:2015年1月17日(土)~2月15日(日)
ライトアップ時間:平日17時~19時、土・休日17時~21時
アクセス:秩父鉄道「三峰口」駅より、西武観光バス秩父湖行きで「つららの見学場所」で途中下車、または中津川・老人福祉センター行き「宮平」下車、徒歩1km。
車は関越自動車道花園ICより国道140号を秩父方面へ、皆野寄居有料道路経由で約1時間30分。

●ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場 http://www.woodroof.jp/tsurara/

「三十槌の氷柱」

「三十槌の氷柱」

「中津川の氷壁」について

また、さらに車で30分ほど奥に入った中津川の出合地区でも「中津川の氷壁」を見ることが出来る。荒川支流中津川の断崖絶壁の岩肌にしみでる水が凍ってできる冬の芸術で、最も寒さが厳しい1月中旬から2月下旬までが見ごろ。

「中津川の氷壁」

「中津川の氷壁」

秩父鉄道・三峰口駅より西武観光バス「中津川行き」出合バス停下車。バスはフリー乗車(バス停以外でも乗り降り自由)のため、「出合の氷壁」の見学場所で降りたいと運転手に伝える。
関越自動車道花園ICより国道140号を秩父方面へ、皆野寄居有料道路経由で約2時間。

その他詳細は観光協会公式ウェブサイト http://www.chichibuji.gr.jp/

問い合わせは(社)秩父観光協会大滝支部 電話 0494-55-0707。

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る