1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 【人気】神田明神の「だいこく祭」と「寒中禊がまん会」が1/10から開催

【人気】神田明神の「だいこく祭」と「寒中禊がまん会」が1/10から開催

神田明神のご祭神・だいこく様

神田明神のご祭神・だいこく様

江戸総鎮守の「神田明神」で2015年1月10日(土)から12日(月祝)まで「だいこく祭」が開かれる。

「神田明神」に祀られるだいこく様は高さ6,6m重さ約30トンと石造りとしては日本一。国土経営、夫婦和合、縁結びの神様ならではの福神の祭りで、期間中は人気の「寒中禊(みそぎ)がまん会」や日本王朝時代の厳粛な儀式「四條流庖丁儀式」「祈願串成就祭」もおこなわれる。

「だいこく祭」では、だいこく様に扮した神楽師が、成人式を終えた参拝者の頭上で小槌を振り祈祷、招福の縁起物「福笹」を求めた人には福引きも用意。神田囃子・将門太鼓の演奏もおこなわれる。

1月10日(土)の10時からは新春恒例の人気行事「寒中禊がまん会」を開催。新成人を中心に老若男女が、厳寒の中、男性はふんどし、女性は白装束をまとい、大きな氷柱が入った禊場の中で冷水を浴び身を清める。すでに事前受付は終了しているので参加は出来ないが、周囲では大勢の人が拍手喝采、カメラにおさめる光景が見られる。

厳寒の中、男性はふんどし、女性は白装束をまとい、大きな氷柱が入った禊場の中で冷水を浴び身を清める

「寒中禊がまん会」 厳寒の中、男性はふんどし、女性は白装束をまとい、大きな氷柱が入った禊場の中で冷水を浴び身を清める


【動画】だいこく祭寒中禊-神田神社 ©Nori Sugi

1月11日(日)の12時からは日本王朝時代の厳粛な儀式「四條流庖丁儀式」が執り行われる。装束姿で古式に則った日本料理の儀式は見応え有り。また1月12日(月祝)にはだいこく様尊像の前でかがり火を焚き「祈願串」の大願成就を祈願する「祈願串成就祭」を開催。昇殿参拝の祈祷も各日9時から随時受付している。

日本王朝時代の厳粛な儀式「四條流庖丁儀式」

日本王朝時代の厳粛な儀式「四條流庖丁儀式」

「祈願串」の大願成就を祈願する「祈願串成就祭」

「祈願串」の大願成就を祈願する「祈願串成就祭」

画像:神田明神提供

神田明神

「神田明神」は、江戸東京に鎮座して1,300年近くの歴史をもち、江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護しており、今もなお、東京―神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様。毎年5月に行われる「神田祭」は「日本三大祭り」「江戸三大祭り」のひとつとして広く知られている。
●東京おでかけガイド 「神田明神」
http://park.tachikawaonline.jp/shrines_temples/17_kanda.htm

東京おでかけガイド 「神田明神」

東京おでかけガイド 「神田明神」

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る