1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 浅草・待乳山聖天の「大根まつり」が毎年1月7日に開催 風呂吹き大根を振る舞い

浅草・待乳山聖天の「大根まつり」が毎年1月7日に開催 風呂吹き大根を振る舞い

浅草寺一山のひとつ「待乳山聖天(まつちやましょうでん)」

浅草寺一山のひとつ「待乳山聖天(まつちやましょうでん)」

風呂吹き大根にして、参拝者に振る舞われるようになった

風呂吹き大根にして、参拝者に振る舞われるようになった 画像:©待乳山聖天

浅草寺一山のひとつ「待乳山聖天(まつちやましょうでん)」で毎年恒例の「大根まつり」が1月7日に開かれる。「待乳山聖天」は浅草名所七福神の毘沙門天を祀る寺で、大正時代の作家・永井荷風の名作「すみだ川」や幸田露伴の作品にも登場することでも有名だ。池波正太郎もこの近くの生まれと言われる。

お寺と大根。少し妙な組み合わせだが、大根は体内の消化を助ける効能や良縁成就などの功徳を表していることから、聖天さま(大聖歓喜天)の供養に欠かせない供物とされており、本堂や灯篭など境内のあちこちに大根や商売繁盛を表す巾着を見ることができる。

「大根まつり」もその由来を汲むものとして、昭和49年(1974年)より、毎年1月7日に元旦からご本尊にお供えしていた大根を風呂吹き大根にして、参拝者に振る舞われるようになった。

当日は11時より「大般若家内安全法要」が執り行われ、大根の振る舞いは2,000食限定で法要終了後の11時30分頃より13時30分まで。9時より本堂にて整理券を配布する。当日はかなり賑わうので早めに出かけた方がいいだろう。

「待乳山聖天」の住所は東京都台東区浅草7-4-1、「浅草駅」から徒歩10分。連絡先は03-3874-2030(受付時間8:30~16:30)。公式ホームページは http://members2.jcom.home.ne.jp/matuti/ 。

大根の振る舞いは2,000食限定で法要終了後の11時30分頃より13時30分まで

大根の振る舞いは2,000食限定で法要終了後の11時30分頃より13時30分まで 画像:©待乳山聖天

「待乳山聖天」公式ホームページ

「待乳山聖天」公式ホームページ

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る