1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 700店以上の露店が並ぶ伝統430年の「世田谷ボロ市」が1月15、16日に開催

700店以上の露店が並ぶ伝統430年の「世田谷ボロ市」が1月15、16日に開催

 700店以上の露店が並ぶ「世田谷ボロ市」

700店以上の露店が並ぶ「世田谷ボロ市」

700店以上の露店が並ぶ「世田谷ボロ市」

並んでいるものは骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など実にさまざま

700店以上の露店が並び、1日20万人以上が訪れる冬季恒例の「世田谷ボロ市」が2015年1月15日(木)16日(金)に開催される。

「世田谷ボロ市」の歴史は古く、今から430年以上前の天正6年(1578)、小田原北条氏が開いた楽市が始まりといわれる。現在では都内最古級の季節市として都の無形民俗文化財にも指定。「ボロ」の意味は物品不足の戦時中に古着やボロが多数売られていたことに由来する。

開催日は、毎年固定で12月15・16日と1月15・16日の年4日間、時間は9時~20時まで。近年は、旅行会社による企画ツアーやメディアへの露出も手伝い、世田谷区の統計によれば1日約20万人から30万人、4日間で100万人が訪れる人気ぶりだ。

場所は、東急世田谷線「世田谷駅」または「上町駅」から徒歩約5分、「ボロ市通り」と呼ばれる地元のボロ市通り桜栄会商店の一帯で、国指定重要文化財の「世田谷代官屋敷」や「世田谷信用金庫本店」あたりを中心に、700店以上の露店が所狭しと軒を連ねる。

並んでいるものは骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など実にさまざまで、掘り出し物を探す人や雰囲気を楽しむ人、近年では海外からの旅行客も多い。特に人気なのが「代官餅」。毎回、買い求める人で長蛇の列ができるほどで、手でつかれたお餅なのでコシがあってよく伸びるのが特徴。種類はあんこ・きなこ・からみの3つ。各400円から。

また今回は、東日本大震災支援の一環で「復興支援物産展」を世田谷信用金庫本店駐車場で開催。福島県・宮城県・岩手県のご当地特産品を販売する。

ボロ市名物  「代官餅」

毎回、行列ができるボロ市名物の「代官餅」
※画像:世田谷ボロ市公式サイト

期間中は、世田谷区立郷土資料館で季節展「ボロ市の歴史」も開かれている。「楽市掟書」の実物資料など、多数展示し、ボロ市の歴史を紹介、展示会場では昭和62年に作成されたビデオ「ボロ市のあゆみ」を上映する。

ぜひ織田信長の時代から続く伝統の季節市の雰囲気と賑わいを感じに「世田谷ボロ市」へ出かけてみよう。

1日に約20万人もの人出でにぎわう

掘り出し物を探す人や雰囲気を楽しむ人、近年では海外からの旅行客も多い

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る