1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 年の瀬を彩る「浅草羽子板市」が浅草寺で2015年12月17日(木)~19日(土)に開催

年の瀬を彩る「浅草羽子板市」が浅草寺で2015年12月17日(木)~19日(土)に開催

年の瀬を彩る「浅草羽子板市」が浅草寺で2015年12月17日(木)~19日(土)に開催

年の瀬を彩る「浅草羽子板市」が浅草寺で2015年12月17日(木)~19日(土)に開催 画像:公益財団法人 東京観光財団提供

浅草の年の瀬を華やかに彩る「浅草羽子板市」が浅草寺で2015年12月17日(木)~19日(土)に開かれる。

「浅草羽子板市」の歴史は古く、江戸時代、毎年12月に正月の縁起物を売る「歳の市」が行われていたことに由来、昭和25年頃には年末の風物詩「羽子板市」が縁起物として定着するようになった。これは羽子板の「おい羽根」が害虫を食べる「トンボ」に似ている、魔除けになるなどの理由から来ているようだ。

現在の「浅草羽子板市」は「納めの観音ご縁日」も含め、毎年、曜日に関わらず12月17日、18日、19日の3日間、浅草寺境内で開催。開催時間は9:00頃~21:00頃まで(予定)。当日は数10軒の羽子板の露店が軒を連ね、仲見世から宝蔵門、観音堂まで境内いっぱいの人の波で賑わう。

定番の歌舞伎の絵柄やその年に活躍した芸能人やキャラクターが絵になった羽子板や色とりどりの美しい羽根が並ぶ。昨年の羽子板には、アジア人初の全米オープン決勝進出を果たした錦織選手や先頃亡くなった高倉健さんの羽子板が見られた。さて2015年は誰の羽子板が登場?

そのほかにも、甘酒やかるめ焼き、おでん、モツ煮など食べ物が売られる。羽子板の値段は500円位のものから数千円、中には数万円のものまでいろいろ。羽子板の購入者に贈る縁起の良い三本締めの声が響き渡る。毎年約30万人が訪れる人気の祭りだ。

毎年12月17日、18日、19日の3日間、浅草寺境内で開かれる羽子板市  画像:公益財団法人 東京観光財団提供

毎年12月17日、18日、19日の3日間、浅草寺境内で開かれる羽子板市
画像:公益財団法人 東京観光財団提供

雷門 (風雷神門) 天慶5年(942)に平公雅によって創建。現在の門は、昭和35年に松下幸之助氏の寄進により復興再建された

雷門 (風雷神門) 天慶5年(942)に平公雅によって創建。現在の門は、昭和35年に松下幸之助氏の寄進により復興再建された

賑やかな仲見世通り 3日間で約30万人の人が訪れる

賑やかな仲見世通り 3日間で約30万人の人が訪れる(前回の風景)

江戸情緒ある歌舞伎の絵柄。海外からの旅行客も多く、この日も英語で店主と会話を交わしていた

江戸情緒ある歌舞伎の絵柄。海外からの旅行客も多く、この日も英語で店主と会話を交わしていた

昨年の羽子板には、アジア人初の全米オープン決勝進出を果たした錦織選手や先頃亡くなった高倉健さんの羽子板が見られた。さて2015年は誰の羽子板が登場?

昨年の羽子板には、アジア人初の全米オープン決勝進出を果たした錦織選手や先頃亡くなった高倉健さんの羽子板が見られた。さて2015年は誰の羽子板が登場?

昨年は、歌舞伎役者の尾上松也丈、坂東巳之助丈などがお忍びでお目見えしたそう

昨年は、歌舞伎役者の尾上松也丈、坂東巳之助丈などがお忍びでお目見えしたそう

浅草寺

「浅草寺」は、628年に創建された都内最古の寺院。山号は金龍山、本尊は聖観音菩薩である。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。
●おでかけガイド 浅草寺の詳しい掲載記事

浅草寺

浅草寺

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る