1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 浅草羽子板市が12月17日~19日に浅草寺で開催 約30万人の人出で賑わう

浅草羽子板市が12月17日~19日に浅草寺で開催 約30万人の人出で賑わう

 毎年12月17日、18日、19日の3日間、浅草寺境内で開かれる羽子板市 <br>画像:公益財団法人 東京観光財団提供

毎年12月17日、18日、19日の3日間、浅草寺境内で開かれる羽子板市
画像:公益財団法人 東京観光財団提供

毎年、浅草の年の瀬を華やかに彩る「浅草羽子板市」。

「浅草羽子板市」の歴史は古く、江戸時代、毎年12月に正月の縁起物を売る「歳の市」が行われていたことに由来、昭和25年頃には年末の風物詩「羽子板市」が縁起物として定着するようになった。これは羽子板の「おい羽根」が害虫を食べる「トンボ」に似ている、魔除けになるなどの理由から来ているようだ。

現在の「浅草羽子板市」は「納めの観音ご縁日」も含め、毎年、曜日に関わらず12月17日、18日、19日の3日間、浅草寺境内で開催。開催時間は9:00頃~21:00頃まで(予定)。当日は数10軒の羽子板の露店が軒を連ね、仲見世から宝蔵門、観音堂まで境内いっぱいの人の波で賑わう。

定番の歌舞伎の絵柄やその年に活躍した芸能人やキャラクターが絵になった羽子板や色とりどりの美しい羽根のほか、甘酒やかるめ焼き、おでん、モツ煮など食べ物が売られる。羽子板の値段は500円位のものから数千円、中には数万円のものまでいろいろ。羽子板の購入者に贈る縁起の良い三本締めの声が響き渡る。毎年約30万人が訪れる人気の祭りだ。

江戸押絵羽子板

江戸押絵羽子板
画像:公益財団法人 東京観光財団提供


浅草で師走の羽子板市2013年


愛され続ける”3D” 東京職人「江戸押絵羽子板」

●浅草寺歳の市
http://asakusa-toshinoichi.com/

●押絵羽子板ができるまで
http://asakusa-toshinoichi.com/making


Googleマップ ストリートビュー 浅草寺

浅草寺と浅草の歳の市

浅草寺 公式ホームページ

浅草寺 公式ホームページ

浅草の歳の市 公式ホームページ

浅草の歳の市 公式ホームページ

「浅草羽子板市」概要

イベント名:浅草羽子板市
開催時間:毎年12月17日、18日、19日 9:00頃~21:00頃まで予定
住所:東京都台東区浅草2-3-1 浅草寺
TEL 03-3842-0181
公式URL: http://www.senso-ji.jp/
アクセス
・東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩5分
・東武伊勢崎線 浅草駅 徒歩5分
・都営地下鉄浅草線 浅草駅 徒歩7分
・つくばエクスプレス 浅草駅 徒歩5分
人出:毎年約30万人

●東京おでかけガイド 浅草花やしきの記事
http://park.tachikawaonline.jp/playland/15_asakusa.htm

浅草花やしきでは、羽子板市 特別ナイター営業「よるはな」開催。お得な料金でたっぷり遊べる。
【日時】2014年12月17日(水)・18日(木) 17:00~20:00 ※最終入園19:30

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る