1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 1万人以上の踊り手が参加!「第59回 東京高円寺阿波おどり」 が2015年8月29日(土)、30日(日)に開催

1万人以上の踊り手が参加!「第59回 東京高円寺阿波おどり」 が2015年8月29日(土)、30日(日)に開催

1万人以上の踊り手が参加!「第59回 東京高円寺阿波おどり」 が2015年8月29日(土)、30日(日)に開催

1万人以上の踊り手が参加!「第59回 東京高円寺阿波おどり」 が2015年8月29日(土)、30日(日)に開催

1万人以上の踊り手が参加する東日本最大の阿波おどり「第59回 東京高円寺阿波おどり」が、2015年8月29日(土)・30日(日)の2日間、JR高円寺駅周辺で開かれる。

「東京高円寺阿波おどり」は、昭和32年に地元商店街青年部が中心となって始まったおまつりで、現在では高円寺阿波おどり連協会に所属する連を中心に本場徳島県の連、企業や地域からの一般参加連など延べ164グループ、10,000人の踊り手と約100万人の観客が参加するおまつり。

当日は17時からスタート。JR高円寺駅から東京メトロ新高円寺駅までを8の字形のルートで、各連が舞い踊りながら進んで行く。各連ごとに特徴の異なる、華やかな女踊り、粋で力強い男踊り、太鼓や笛などの鳴り物を見比べるのも一興。

またチーム毎のお揃いの法被やカラフルな着物も見ていて楽しい。当日は「おどれ高円寺セシオン2015 」「2015座・高円寺阿波おどり」も同時開催。

●おでかけガイド 「第59回 東京高円寺阿波おどり」の詳しい掲載記事

「和の美しさを表現」 濃いピンク色のすそよけが際立つ女踊り。全体の和の美しさを表現。写真は皆で元気づけるという意味の「鼓吹」という言葉が由来の「吹鼓連」。

「和の美しさを表現」
濃いピンク色のすそよけが際立つ女踊り。全体の和の美しさを表現。写真は皆で元気づけるという意味の「鼓吹」という言葉が由来の「吹鼓連」。

「華やかに舞う女踊り」 隊列を組み華やかに踊る「女踊り」。写真は昭和42年結成の老舗「葵新連」。

「華やかに舞う女踊り」
隊列を組み華やかに踊る「女踊り」。写真は昭和42年結成の老舗「葵新連」。

「しなやかで力強い男踊り」 徳島の「うずき連」を伝承すべく日々努力する「ひょっとこ連」。衣装に染め抜かれた「竹」のようにしなやかで力強い男踊り。

「しなやかで力強い男踊り」
徳島の「うずき連」を伝承すべく日々努力する「ひょっとこ連」。衣装に染め抜かれた「竹」のようにしなやかで力強い男踊り。

力強く粋な男踊りに女性の華やかさを兼ね備えた法被踊り。写真は「ひょっとこ連」。

力強く粋な男踊りに女性の華やかさを兼ね備えた法被踊り。写真は「ひょっとこ連」。

「低い姿勢と独特の網打ち」 昭和45年に結成された「飛鳥連」。低い姿勢と独特の網打ちは娯茶平直伝。「情」と「ため」の踊りと三味線のリズムが魅力。

「低い姿勢と独特の網打ち」
昭和45年に結成された「飛鳥連」。低い姿勢と独特の網打ちは娯茶平直伝。「情」と「ため」の踊りと三味線のリズムが魅力。

第59回 東京高円寺阿波おどり(2015年)

イベント名:第59回 東京高円寺阿波おどり(2015年)
開催日程:2015年8月29日(土)・30日(日)
両日とも17時00分から20時00分
会場:JR高円寺駅・東京メトロ新高円寺駅周辺商店街および高南通り
問い合わせ:NPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会 事務局電話 03-3312-2728
公式ホームページ http://www.koenji-awaodori.com/
●おでかけガイド 「第59回 東京高円寺阿波おどり」の詳しい掲載記事

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る