1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 江戸の初夏の風物詩「浅草寺 ほおずき市」が7月9日、10日に開催 境内に約100の露店が並ぶ

江戸の初夏の風物詩「浅草寺 ほおずき市」が7月9日、10日に開催 境内に約100の露店が並ぶ

江戸の初夏の風物詩「浅草寺 ほおずき市」が7月9日、10日に開催 境内に約100の露店が並ぶ

江戸の初夏の風物詩「浅草寺 ほおずき市」が7月9日、10日に開催 境内に約100の露店が並ぶ

江戸の初夏の風物詩「浅草寺 ほおずき市 四万六千日」が2015年7月9日(木)、10日(金)に開催される。期間中はほおずきを売る約100の露店が境内に立ち並び、威勢の良い掛け声が飛び交う。

ほおずき市がこの日におこなわれるのは、7月10日にお参りをすると他の日に比べて、功徳が46,000日(126年)もあると言われていることに由来、大勢の参拝客を目当てに盛大な市が立つようになった。

ほおずきが売られるのは、この時期にちょうど開花するということもあるが、ほおずきを煎じて飲むと、大人は癇癪が無くなり、子どもは虫の気が無くなるとの言い伝えや、7月13日からの東京地方のお盆ではほおずきを提灯代わりにして用いることなども関係が深いようだ。近年ではほおずき以外にも園芸や金魚すくいなどの遊び、古くから伝わる江戸うちわなど、一足早い夏を感じられるものを売られている。

なお浅草寺では同行事を「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼んでおり、2日間の限定で黄色の掛け紙の祈祷札「黄札」と「雷除札」を授与している。

ほおずき市の開催時間は朝8時頃~19時頃まで。浅草寺へは東武スカイツリーラインなど「浅草駅」より徒歩5分。

当日は約100軒の露店が境内に軒を連ねる

当日は約100軒の露店が境内に軒を連ねる

色鮮やかなほおずき

色鮮やかなほおずき

夏に欠かせない風鈴も売られている

夏に欠かせない風鈴も売られている

会場は浴衣姿で歩く人も多い 下町ならではの風景が広がる

会場は浴衣姿で歩く人も多い 下町ならではの風景が広がる

初夏の園芸も販売

初夏の園芸も販売

金魚すくいも 縁日ならでは

金魚すくいも 縁日ならでは

功徳が46,000日(126年)もあると言われている

この日は功徳が46,000日(126年)もあると言われている

初夏を感じにでかけよう

初夏を感じにでかけよう

浅草寺 ほおずき市 四万六千日

開催日:2015年7月9日(木)、10日(金)
開催時間:朝8時頃~19時頃まで
開催場所:浅草寺(東京都台東区浅草2-3-1)
アクセス:
・東武スカイツリーライン:浅草駅より徒歩5分
・東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
・つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
・都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩5分
●おでかけガイド ほおずき市 四万六千日の詳しい掲載記事

●おでかけガイド 浅草寺の詳しい掲載記事

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る