1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. お祭り・イベント
  4. 「泉岳寺」で吉良邸討ち入り決行の12月14日(月)に「赤穂義士祭」を開催

「泉岳寺」で吉良邸討ち入り決行の12月14日(月)に「赤穂義士祭」を開催

12/14に「泉岳寺」で「赤穂義士祭」を開催

「泉岳寺」で吉良邸討ち入り決行の12月14日(月)に「赤穂義士祭」を開催

元禄15年(西暦1702年)の12月14日の深夜、旧赤穂藩の家老・大石良雄以下47名が、本所松坂町の吉良上野介の屋敷に討ち入り、主君・浅野長矩公の仇を打った「赤穂事件」。毎年年末になるとテレビや映画で放映されるおなじみの「忠臣蔵」を欠かさず見ている人も多いだろう。

その赤穂四十七士が眠る寺として知られる高輪の「泉岳寺」では、毎年12月14日に義士を供養する「赤穂義士祭」を開催している。2015年も12月14日(月)だ。この日は全国から多くの参拝者が訪れ、忠義を尽くした義士一人一人に線香をあげていく。

当日は、11時から浅野長矩公之墓所にて墓前供養のあと、12時から東阿部流献茶式(本堂)で献茶式、そして義士追善供養がおこなわれる。

またメインイベントの財界二世学院主催による「義士行列」は、討ち入り後の義士が、主君に報告のため泉岳寺に向かったことを偲び、義士の装束で、晴海通りから外堀通り、日比谷通りを経由して泉岳寺までを練り歩く。泉岳寺への到着は、2015年は15時~15時30分頃の予定。

参道にも多数の露店が出ており、祭りは閉門の22時まで賑わう。

泉岳寺「赤穂義士祭」の風景

泉岳寺「赤穂義士祭」の風景

泉岳寺「赤穂義士祭」の風景

泉岳寺「赤穂義士祭」の風景


京急電鉄による泉岳寺義士祭の風景動画

また寺院内には
赤穂四十七士が元禄16年(1703年)2月4日に切腹した後、直ちにこの地に埋葬された「赤穂義士墓地」や義士の貴重な遺品などが納められており、忠臣蔵についてのビデオも上映する「赤穂義士記念館」のほか、

・大石主税が切腹した松平隠岐守三田屋敷に植えられていた梅「主税梅」
・義士の墓守をした堀部妙海法尼が瑤泉院から賜った鉢植えの梅を移植した「瑤池梅」
・浅野内匠頭が田村右京大夫邸の庭先で切腹した際に、その血がかかったと伝えられている「血染めの梅」「血染めの石」
・義士が本懐成就後、吉良上野介の首級をこの井戸水で洗い、主君の墓前に供え報告した「首洗い井戸」

など赤生義士ゆかりのものが多数残っている。お祭り、参拝と併せてぜひ見ておきたい。

数え切れないほど映画化、ドラマ化された「忠臣蔵」「赤穂浪士」

赤穂事件に題材をとった「忠臣蔵」はこれまでに数え切れないほど映画化、ドラマ化されている。有名なところでは1964年のNHK大河ドラマ「赤穂浪士」や深作欣二監督、萬屋錦之介主演の「赤穂城断絶」など、新しいところでは佐藤浩市・役所広司出演の「最後の忠臣蔵」やキアヌ・リーブス主演の「47RONIN」などがある。


シネマトゥデイによる映画『最後の忠臣蔵』予告編

映画『最後の忠臣蔵』の原作は池宮彰一郎『最後の忠臣蔵』(角川文庫刊)で、大石内蔵助を片岡仁左衛門、ただひとり生き残った寺坂吉右衛門を佐藤浩市、討ち入り前夜に逃亡した瀬尾孫左衛門を役所広司が演じている。

萬松山 泉岳寺 ストリートビュー

Googleストリートビューではちょうど「赤穂義士祭」開催時に撮影されているようだ。赤い義士祭ののぼり旗が立ち並び、参拝客で賑わう様子が映されている。

萬松山 泉岳寺 概要

萬松山 泉岳寺 概要

萬松山 泉岳寺 概要


●おでかけガイド 泉岳寺の詳しい掲載記事
〒108-0074 東京都港区高輪2-11-1
TEL:03-3441-5560 / FAX:03-3441-2208
http://www.sengakuji.or.jp/
●電車の場合
都営浅草線=泉岳寺駅下車(A2出口) 泉岳寺駅からは徒歩1分約200m

●バスの場合
都バス=泉岳寺前下車 [品97]品川車庫前行
新宿駅西口-信濃町駅南口-品川駅 [反96甲or乙]赤羽橋駅前循環
五反田駅-品川駅前-麻布十番駅前-白金高輪駅前-五反田

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る