1. おでかけガイド
  2. イベントニュース
  3. 展望台・展望施設
  4. 渋谷再開発・超高層ビルの屋上に全面ガラス張りの日本最大級「屋外展望施設」が登場!

渋谷再開発・超高層ビルの屋上に全面ガラス張りの日本最大級「屋外展望施設」が登場!

渋谷再開発・超高層ビルの屋上に全面ガラス張りの日本最大級「屋外展望施設」が登場!

渋谷再開発・超高層ビルの屋上に全面ガラス張りの日本最大級「屋外展望施設」が登場!

2014年より工事が始まっている「渋谷駅街区開発計画」東棟の屋上に日本最大級「屋外展望施設」が設置されることになった。

2020年東京オリンピック開催決定などで海外からの観光客の増加が見込まれることから、2019年度開業予定の同ビルの当初の計画を変更し、開放感たっぷり全面ガラス張りの屋外展望施設、屋内展望施設を設置する。

同展望施設は、地上47階・地下7階、地上約230mと隣接する渋谷ヒカリエを抜いて、渋谷随一の高さを誇り、超高層ビルの屋上を全面的に活用した展望施設としては日本最大級の規模。

屋上からは、代々木公園の後方に広がる新宿の超高層ビル群や六本木・都心方面、富士山を望めるほか、の特徴を活かして、世界一人通りが多いとも言われるスクランブル交差点を眼下に望むことができるという。

店舗面積約30,000㎡ の大規模商業施設、渋谷駅周辺最大級となる賃貸面積約73,000㎡のオフィスフロア、クリエイティブ・コンテンツ産業の交流施設などが入る予定。事業主体は東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京京地下鉄。

オリンピックを前にまたひとつ新しい東京の新名所が誕生しそうだ。

※画像:© 東急電鉄報道資料

全面ガラス張りで開放感たっぷり 高さ230mの屋外展望施設と富士山の眺望イメージ

全面ガラス張りで開放感たっぷり 高さ230mの屋外展望施設と富士山の眺望イメージ

世界一人通りが多いとも言われるスクランブル交差点をを見おろすイメージ(恐い)

世界一人通りが多いとも言われるスクランブル交差点をを見おろすイメージ(恐い)

屋内に作られる展望施設イメージ 東京の夜景の新名所になりそうだ

屋内に作られる展望施設イメージ 東京の夜景の新名所になりそうだ

全体完成イメージ

全体完成イメージ 地上47階・地下7階、地上約230mと、隣接する渋谷ヒカリエを抜いて、静谷随一の高さを誇る

全体完成イメージ

全体完成イメージ

関連キーワード

必見!人気アクセスランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月間
  • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月

  • 総合

  • ランキングをすべて見る


    • 24時間
    • 1週間
    • 1ヶ月間
    • 総合
  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月間

  • 総合

  • ★ランキングをすべて見る